「近走内容」と「連闘馬」を分析すれば、走る馬は9割見える! 「この週末、本気で狙うべき馬」は金曜・土曜更新。
投票後記+α 2020年8月8日~8月9日
200808新潟8

土曜新潟8Rでミズリーナが食らった不利に対するモヤモヤが
いまだに尾を引いている。

確かに
「あれがなければコマノウインクルに先着できた(=勝てた)」
とは言わないが……
ちょうど、アピールバイオを交わしかけたところなんだよなぁ。
不利がなければ3着はあったのではないだろうか。

……好きで勝手に予想を発信してる奴が
タラレバを言い出したら終わりか。

そんなこんなで2週連続的中なしとなり、
オケラ街道一人旅が続く。
誠に面目ない。
でも、人気薄の4着、5着もポツリポツリとあり、
決して手応えがないわけではない。
来週からまた、3場開催となり、馬も人もばらける。
おいしい人気薄の連闘馬を拾って巻き返したい。

……負けが込んだ土日の競馬を酒も飲まずに振り返ると、
どうしてもクソ真面目になる。
なぜ酒を飲まずに「投票後記」を書いているのか。
それは今から数時間後に、
巷で話題の「オンライン帰省」を控えているからだ。
実家の両親は、軽めとはいえ基礎疾患を持っており、
離れて暮らしている弟も病院勤め。
そして私は、コロナ的に全国から敬遠されている東京暮らし。
次に直接会って酒を酌み交わせる日はまじでいつになるかわからん。
だからオンラインとはいえ、
やっぱりみんな揃ってしらふで顔を合わせ、
「乾杯!」から一斉に飲み始めたいじゃないの。

と思っていたら、実家の母親から
「お父さんもう飲み始めちゃったよ」と連絡が入った。
なんだそれならおれも飲みながら書けばよかったぜ。

「遅まきながら」なのか「早くも」なのか
この場合はよくわからないが、
とにかく今から、黒霧のソーダ割り(濃いめ)をつくることにする。




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

競馬・データ理論 ブログランキングへ
別窓 | 投票後記+α | ∧top | under∨
8月9日(日) 本気で狙うべき馬
札幌7R 3歳上1勝クラス 牝 ダ1700m
レディーキティ
連闘馬。
野中賢二厩舎の2017年7月以降の連闘実績は(0-2-0-6)で複勝率.250。
あまり連闘使いをしない厩舎だけに、
この連闘は勝負気配の表れと見る。
レディーキティの連闘実績は(0-1-0-0)。
芝⇒ダートの転戦がハマれば面白い。

札幌8R 3歳上1勝クラス 芝2000m
ウインダークローズ
連闘馬。
梅田智之厩舎の2017年7月以降の連闘実績は(5-2-3-26)で複勝率.278。
単勝回収値183円、複勝回収値101円と妙味も十分だ。
一気の距離短縮で今週も粘り込む。

札幌9R ライラック賞 3歳上2勝クラス 芝1800m
ワンダーコノシュア
連闘馬。
こちらも前走2600mから一気の距離短縮×連闘で臨むクチ。
4走前に芝1800mで0秒4差4着があり、
むしろ適距離に戻った感さえある。
継続騎乗となる石川騎手の手綱捌きに期待したい。

札幌10R HBC賞 3歳上2勝クラス 芝1200m
ノボベイビー
連闘馬。
ノボベイビーの教え」を活かすときがついに来た。
ここまでの連闘成績(0-2-1-0)の連闘得意馬にすべてを託す。

新潟10R 信濃川特別 3歳上2勝クラス 芝2000m
シャインアロー
連闘馬。
高橋文雅厩舎の2017年7月以降の連闘実績は(0-3-1-14)で複勝率.222。
前走でまったく合わないダートを使われてから、芝への連闘。
ガラリ一変があっても何ら不思議はない。




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

競馬・データ理論 ブログランキングへ
別窓 | 本気で狙うべき馬 | ∧top | under∨
8月8日(土) 本気で狙うべき馬
新潟8R 3歳上1勝クラス 芝1800m
ミズリーナ
前走(3着)に続き、2度目の推薦。
前走は道中、ふわっふわした走りを見せたが、
和田竜二騎手が見事に御し切り、
3着に粘り切ったことに価値がある。
千八も合っていた。ここでも粘り込みに期待できる。




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

競馬・データ理論 ブログランキングへ
別窓 | 本気で狙うべき馬 | ∧top | under∨
[WinningPost8 2018]トミシノポルンガ直系子孫で国内全重賞制覇を目指す旅 第4話 -1982年、ハギノカムイオー酷使-
プレイスタイルによって多少の違いはあれど、
「WinningPost8 2018」の1982年スタート(引き継ぎプレイ)における
初年度のミッションは、次の4点に集約されるだろう。

・G1を3勝し、年末の「ドリームマッチ」を開催可能にする
(スーパーホース名鑑獲得のため)
・名声値を1000まで高め、種牡馬繋養施設をLV.3まで拡張可能にする
(1983年から海外種牡馬を種付け可能にするため)
・欧州・米国に海外遠征して樫本桃子・高井駆と知り合う
(1983年1月に欧州1歳馬トリプティクを購入可能にするため)
・ハギノカムイオーを活躍させてテスコボーイの種付け料を高める
(テスコボーイ系確立のため)

これらのミッションをすべてクリアするためには、
とにもかくにもハギノカムイオーを酷使して、
何が何でも国内外のG1を3勝以上させる必要がある。
デビューは1月4週、京都芝1800m。新馬戦は何があっても勝てる。
そこから手薄な重賞をひたすら使い、勝ちまくって、
特性「連勝街道」の威力を高め、連勝を伸ばせるだけ伸ばす。

ここでひとつ、詫びなければならない。
「リセット厳禁」と威勢のいいことを言っていたが、
「ゲームを初めからやり直して、トミシノポルンガ系をひたすら愛でるその模様を
プレイメモとして公開しよう」と思い立つ遙か前に
私は「WinningPost8 2018」をリセットありで
幾度となくやり直していた経験があるわけで、
その経験を活かして最善のルートを進むことができる以上、
これは限りなく「リセットあり」みたいなものじゃないかと、
よく考えたらそう思った。
ごめんなさい。
1982年に関しては大目に見てください。

……さて。
「経験」のある私は、
精神力で劣るハギノカムイオーが
「馬運車」導入前の遠征となる皐月賞で力を発揮しきれないことを知っている。
そして、サクラシンゲキが強力なライバルとなって立ちはだかる安田記念より、
たとえ距離適性外でも、相手関係がかなり落ちる宝塚記念に向かったほうが
案外勝ちやすいことも知っている。
そこで、1月4週の新馬戦、2月2週のきさらぎ賞、3月4週のファルコンSと
3連勝を飾った後は、以下のローテを歩ませた。

ハギノカムイオー1982上半期

ファルコンS⇒毎日杯はもちろん、連闘だ。

G1勝利で得られる名声値は、国内G1が「100」で、海外G1が「200」。
秋は名声値をより多く稼げる海外G1に標準を合わせる。
狙い目はもちろん、メンバーレベルの低い豪G1だ。
疲労の溜まり具合と相談しつつ、
11月1週のマニカトS(芝1200m)、
11月2週のダーレークラシック(芝1200m)のどちらかを狙う
(リセットありなら、連闘を試してみてもよい)。
続いて12月1週に米国で行われるハリウッドダービーもメンバーが手頃でおすすめ。
まあ今回は負けちゃったんだけど。

ハギノカムイオー1982下半期

ハギノカムイオーの大活躍のおかげで、1982年中に名声値1000を突破。
種牡馬繋養施設がLV.3まで拡張可能となり、
1983年春の海外種牡馬種付けに間に合った。
欧州・米国への海外遠征は2歳馬サンオーイに任せ、
初年度のミッションを無事、すべてクリアすることに成功する。

名声値1000超

……今週はここまで!
サンオーイの勇姿は来週!
もしくは再来週!




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

競馬・データ理論 ブログランキングへ
別窓 | WinningPost8 2018 プレイメモ | ∧top | under∨
「本気で狙うべき馬」2020年7月度 単勝・複勝回収率
単勝回収率(=単勝回収値) 0% (0/1800)

複勝回収率(=複勝回収値) 70.0% (1260/1800)
7月4日(土)
阪神8R ロマネスク 2人気/2着
阪神10R ロードアクア 3人気/3着
函館12R シスターフラッグ 4人気/2着
7月12日(日)
函館8R エイカイマドンナ 4人気/3着
阪神8R ミズリーナ 4人気/3着
7月25日(土)
札幌10R ブラックカード 5人気/2着

年間(2020年)
単勝回収率(=単勝回収値) 138.5% (22860/16500)
複勝回収率(=複勝回収値) 109.2% (18010/16500)

通算(2017年1月~)
単勝回収率(=単勝回収値) 80.5% (83780/104100)
複勝回収率(=複勝回収値) 82.4% (85740/104100)




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

競馬・データ理論 ブログランキングへ
別窓 | 本気で狙うべき馬 回収率 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT